プリザーブドフラワーのメリットや使い分け

花を加工したプリザーブドフラワーですが、他の加工方法とはどのように違い、どんなメリットがあるのでしょうか。まず生花ですが、何と言ってもその見映えが美しいです。



花そのままなので当然の話ではあります。

しかし水の交換などの手入れが必要であったり、長くは持たないなどのデメリットがあります。

生きているのでこれも当然ではありますが。
次に造花です。
これは作り物のお花なので、どうしても見映えは花とは少し違ってしまいます。

しかし作り物ですので保存性という点では随一ですし、他に比べて非常に安いです。百円均一でもよく見かけます。



次にドライフラワーです。

花に乾燥などの加工を施したものです。加工花としては簡単な部類で素人でも挑戦できるのがメリットです。

見映えは生花とは明らかに違いますが、独特の風合いを好む人も多いです。


長期保存もでき、手芸工芸の一環と扱われることが多いです。

そしてプリザーブドフラワーです。


これは生花を特殊な液体につけて加工を施したものです。

特殊な液体を用意する必要があるので、業者に頼むことが多いでしょう。

その為高価になりがちですが、見映えは生花と遜色ありません。
生花をそのまま長く保存したい場合にうってつけの方法です。

プロポーズの花束や、思い出のある花などをそのままの形で長期保存することができます。


家に飾るなら造花やドライフラワー、花自体が好きな人は生花がいいでしょう。

livedoorニュースの人気度が上昇しています。

大事な花であるならばプリザーブドフラワーが適切です。